子ども手当の支給額(2011年度) 子ども手当の情報サイト

sponsord link

2011年08月26日

10月からの子ども手当支給額が決定(平成23年度 支給額)

子ども手当法が成立し平成23年度の10月からの支給額変更がきまりました

「10月から半年間の子ども手当の支給額などを定めた特別措置法が26日の参院本会議で、民主、自民、公明などの賛成多数で可決、成立した。

 特措法は3党合意に基づき、現行は中学生まで一律月1万3000円の支給額を、10月から3歳未満と3歳から小学生の第3子以降は1万5000円、3歳から小学生の第1、2子と中学生は1万円に変更する内容。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000057-jij-pol」

ということでつなぎ法案がきれる10月からの子ども手当の支給額がきまりました。

Checkmark.png平成23年度10月度からの支給額

・3歳未満は一律月1万5000円

・3〜12歳の第1子と第2子にはそれぞれ1万円、

・第3子以降には1万5000円(3歳〜小学生)

・中学生は一律1万円


また今回の子ども手当からは、保育料を手当から天引きできたり
子どもの国内居住要件の厳格化、
自治体が子育て支援に使える交付金新設なども盛りこまれています。

来年度からは児童手当にもどりますが、まだいろいろ変更がありそうで課題が山積みなかんじがしますね。

   sponsord link
 

2011年01月19日

子ども手当の支給額(2011年度)はいくらになる?!

子ども手当の支給額(2011年度)はいくらになるのでしょうか?

まず2011年度、平成23年度、と書くと一瞬1月〜12月と勘違いしがちですが
実際にこういった子ども手当などの年度で平成23年度(2011年度)というと
2011年4月〜2012年3月までを指します。

子どもの学校の新年度で考えればいいですね^^

平成22年度(2010年度)の子ども手当の支給額は満額の2万6千円の半分の1万3千円が月額支払われています。

当初の予定では平成23年度(2011年度)の子ども手当から満額ということでしたが、結局必要な財源が確保できそうになく、
3歳未満だけ2万円に増額で、
その他は平成22年度と同じく1万3千円となりそう
です。

ではいつはっきりと決まるのかというと、平成23年(2011年)1月24日からの通常国会で子ども手当の予算が決まります。

予算の衆院通過のめどは3月上旬、予算関連法案成立のめどは3月31日。といわれています。

はっきりとまた決まり次第記事にしますね!
タグ:子ども手当

   sponsord link