新子ども手当の所得制限【2012年6月】 子ども手当の情報サイト

sponsord link

2012年02月28日

新子ども手当の所得制限【2012年6月】

子ども手当の所得制限に関するニュースがはいりました。

2012年(平成24年度)6月から開始する「子どものための手当」の所得制限の金額が発表されました。

厚生労働省は27日、3月末で期限が切れる子ども手当に代わる「子どものための手当」について、6月から導入する所得制限の年収額を公表した。

 例えば、夫と専業主婦の妻、子供1人の世帯は、年収が917万8000円以上になると、給付額は子ども1人当たり月5000円に制限される。

 夫婦と子ども3人の世帯は、1002万1000円以上、夫婦と子ども4人の世帯は1042万1000円以上が所得制限の対象となり、給付額はいずれも月5000円。

 政府はこれまで、夫婦と子ども2人の世帯のモデルケースについて、年収960万円以上との所得制限を示していた。所得制限の対象外ならば、〈1〉3歳未満と、小学生までの第3子以降は月1万5000円〈2〉3歳から小学生までの第1子と第2子、中学生は月1万円――との支給内容に変更はない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00001086-yom-pol


とのことです。

世帯ごとに新子ども手当の所得制限の金額についてまとめてみました。
すべて妻が専業主婦の場合の政府のモデル例です。


世帯状況所得子ども手当給付額
夫婦+子ども一人917万8000円以上子ども一人当たり 月5,000円
夫婦+子ども二人960万円以上子ども一人当たり 月5,000円
夫婦+子ども三人1002万1,000円以上子ども一人当たり 月5,000円
夫婦+子ども四人1042万1000円以上子ども一人当たり 月5,000円


夫婦共働きの場合にはどちらかの収入が多いほうでみます。夫婦の収入を合算しません。
新しい情報がわかり次第記事にしますね。

   sponsord link
 
posted by ヒロ at 08:28 | Comment(0) | 子ども手当の所得制限
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。